文芸部

文芸部ブログ

宮城県高等学校文芸作品コンクール結果

 【文芸部誌部門】 王冠最優秀賞王冠(初)      「雪月雷花第29号」 
 【俳句部門】   王冠最優秀賞王冠(初)  3年 佐々木 祐義
            入 選         3年 大和 秀宇
                        2年 日詰 美優
                        2年 菊地 花蓮
 【短歌部門】   キラキラ優秀賞キラキラ      3年 佐々木 祐義
              入 選         3年 大和 秀宇
                        2年 菊地 花蓮
 【詩部門】    キラキラ優良賞キラキラ      2年 日詰 美優

 

  受賞作品を紹介します。

   【俳句部門】

    最優秀賞  3年 佐々木 祐義

             雲の峰二度とない時見つめつつ
             新涼や乗り越して過ぐ無人駅
             明易の箟岳山の青さかな

    入  選  3年 大和 秀宇

             キムチ鍋は白菜豆腐猛吹雪

          2年 菊地 花蓮

             梅雨明けの自由感じる水たまり

          2年 日詰 美優

             雲の峰クラスメイトの顔見たい

 

    【短歌部門】

    優 秀 賞   3年 佐々木 祐義

             快晴の彫堂七館跡へゆく朱色の祠の色強きこと
             清水を上から眺める並木道歩く速度は雲より遅く
             名を変えて放浪している夢を見て我には日常があると飛び起く

    入   選   3年 大和 秀宇

             夜空見て白い吐息をたどったら姿現る北斗七星

          2年 菊地 花蓮

             長旅の窓から覗く雲たちの見えた形でしりとり始め

    【詩部門】
    

               優 良 賞    2年 日詰 美優  

               恵み

            春の暖かな大気を射抜くような
            レモン色の光色が一面に輝く水田に
            生の息吹を長靴越しの足の裏から確かに感じる

            離すまいと足に力一杯纏わりつく泥も
            その泥から鬱陶しそうに顔を出したドジョウやタガメにも
            みんな心があって みんなこの星からの恵みに違いない
            水面に突き刺さって輝く 彼の長靴も

 

文芸部短歌甲子園全国大会出場決定

 短歌甲子園全国大会(10チーム)への出場が決定しましたピース

 予選に送った作品です。

   夕刻の稲穂の揺れる彼方から
   電車のベルが
   色を掻き消す             3年 佐々木 祐義

 

   「これ美味しい」
   言った次の日夕飯に再び出てくる
   鯖のみりん干し            2年 日詰 美優

 

   コンビニでお菓子を買って
   午後3時
   サドルも籠も一色(いっしき)桜    2年 菊地 花蓮

文芸部

文芸部

 

  活動内容

 

 ※月~金の放課後に書道室で活動しています。
 ※年に数回、文芸部誌を作成します。
  普段は、各種コンクールに応募する作品づくりや作品の合評会をしており、稲章祭では作品の展示発表を行っています。2012年4月より東日本大震災の被災地東松島市矢本運動公園仮説住宅集会所にて年2回句会を開催し今年10回目を迎えます

 

  部員数

 

 男子5人  女子9人

 

  過去の実績

 

・平成24年
  5月 NKH「きらり えん旅」に川嶋あいさんと出演
  8月 全国高校生短歌大会優勝
 12月 全国高校文芸コンクール部誌部門奨励賞受賞

・平成25年
  8月 全国高等学校総合文化祭詩部門参加「長崎大会」
     全国高校生短歌大会第3位
     特別審査員小島ゆかり賞受賞
     「ササニシキ重いと言わず肩に乗せお客さんへと誇りを届ける」

・平成26年
  7月 全国高等学校総合文化祭俳句部門参加「茨城大会」
  9月 兵庫県大手前大学にて俳句講座受講
 12月 全国高校文芸コンクール部誌部門奨励賞

・平成27年
  3月 富士正晴全国高校文芸誌賞優秀賞受賞
 12月 全国高校文芸コンクール部誌部門奨励賞

 

  その他

 

 全国の文芸部員と大会等で交流し大きな刺激を受けています。
 自分達の作品のレベルをもっとあげること、部誌のレベルをあげることを目標に日々楽しく活動しています。